もやし7日間栽培日記

以前紹介した、もやしづくりのための「緑豆」
1袋2ユーロもしなかったと思います。

これまで何回か栽培してみてうまくいったので
どんな感じで成長するか写真をとってみました。
もやしの写真ばかりで面白みに欠けますが(笑)

ちなみに、なぜここまでもやし作りに情熱をそそぐのか。
それは、ドイツではもやしが高い&売っているスーパーが少ないからです!!
日本で1袋29円のもやしが、ドイツでは2ユーロくらい(280円)。。。
買えるか〜っ(涙)

そんな贅沢品のもやしは買えませんが、たまに
もやしのシャキシャキした食感を欲するんですよね。
ラーメンに入れたいとか。



そんなこんなで、うちでの作り方。

こういう深さ10cmほどのタッパーを使っています。
牛乳パックのほうが沢山作れますが、成長過程を見れるのが面白くて。

【1日目】緑豆をタッパーの底3分の2くらい入れ、たっぷりの水に浸して1日置く。




そして、アルミホイルでフタを作り、
お箸で穴を沢山開ける。(水切り用の穴)
冷暗所(流しの下など)に保管。




 【2日目】
1日間水に浸した後は、日に2回水洗いをする。
このとき水が多く残っていると腐ってしまうので注意。
緑の皮の中から少し芽が出てきました。


【3日目】
根が数センチに。水洗いするとき、
穴空きアルミホイルのフタだとこぼれず便利です。



【4日目】
大分大きくなってきました。



【5日目】
4日目とあまりかわらない感じ。
でも、この後から一気に成長します。



【6日目】
だんだんと


もやしっぽく。




【7日目】
今日が食べごろと思って、数時間日の当たるところに
放置していたら、あっという間に葉が出てきました(焦)



ここまで容器いっぱいになったら食べごろ。
細めのもやしで、ひげ根を取るの大変ですが、やっぱり美味しいです。

このもやし栽培、
日本の小学生の夏休みの自由研究なんかに良さそう(笑)

この量にしては少し小さめのタッパーのような気がしたので
今度はもっと成長させるべく大きめので作ってみようと思います。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

0 件のコメント :

コメントを投稿